メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

県予選 男子・松山商、3年連続12回目V 女子・八幡浜、12年連続12回目V /愛媛

両手の指で「12」連覇を示しながらフィニッシュする八幡浜の山中海月選手=愛媛県西条市の西条ひうち陸上競技場で、遠藤龍撮影

 男子第69回、女子第30回全国高校駅伝競走大会県予選(県高校体育連盟、愛媛陸上競技協会、毎日新聞松山支局主催)が3日、西条市の西条ひうち陸上競技場を発着点とするコースであった。男子(7区間42・195キロ)は松山商が2時間9分23秒で3年連続12回目、女子(5区間21・0975キロ)は八幡浜が1時間12分8秒で12年連続12回目の優勝を果たした。両校は12月23日に京都市で開かれる全国大会に出場する。また男子の上位4校、女子の上位3校は18日に高知市で開かれる四国大会に進む。女子は記念大会のため四国地区代表の出場枠が1つあり、四国大会で各県の1位校を除いた最高順位に入ると全国大会に出場できる。【遠藤龍】

この記事は有料記事です。

残り2319文字(全文2625文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. Hey! Say! JUMP有岡さん「アイドル界の池上彰さん目指す」 新連載で
  3. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. 女子中学生を2年監禁 寺内被告に懲役12年 東京高裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです