メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

早世の数学者、長尾健太郎さん(その1) 師も驚く美しい解答

数学者の長尾健太郎さんの写真を見ながら「彼は特別なひらめきを持った人でした」と語るピーター・フランクルさん=東京都渋谷区で2018年10月23日、丸山博撮影

 気鋭の数学者がいた。その名を長尾健太郎という。

 高校時には、世界中の若者が挑戦する国際数学オリンピックで、日本人初の3大会連続金メダルという快挙を達成した。研究者となってからは、理論物理学の分野からも注目される論文を書き、若手数学者の登竜門とされる「日本数学会賞建部賢弘(たけべかたひろ)賞」を受賞した。

 15歳の夏に左太ももに腫瘍が見つかり、再発と手術を繰り返した。名古屋大助教だった2013年10月に…

この記事は有料記事です。

残り560文字(全文763文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 参院新人議員に聞く 改憲の旗ふった安倍首相側近を落選させた

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  5. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです