メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ディエゴ・マラドーナさん死去 サッカー界の「レジェンド」
ストーリー

早世の数学者、長尾健太郎さん(その1) 師も驚く美しい解答

数学者の長尾健太郎さんの写真を見ながら「彼は特別なひらめきを持った人でした」と語るピーター・フランクルさん=東京都渋谷区で2018年10月23日、丸山博撮影

 気鋭の数学者がいた。その名を長尾健太郎という。

 高校時には、世界中の若者が挑戦する国際数学オリンピックで、日本人初の3大会連続金メダルという快挙を達成した。研究者となってからは、理論物理学の分野からも注目される論文を書き、若手数学者の登竜門とされる「日本数学会賞建部賢弘(たけべかたひろ)賞」を受賞した。

 15歳の夏に左太ももに腫瘍が見つかり、再発と手術を繰り返した。名古屋大助教だった2013年10月に亡くなった。31歳だった。国内外の数学者が早すぎる死を悼み、論文に<長尾健太郎にささげる>と記した。

この記事は有料記事です。

残り510文字(全文763文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. ディエゴ・マラドーナさん死去 60歳 サッカー界の「レジェンド」

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. サッカーJ1川崎が最速リーグV 2年ぶり3度目 勝ち点など記録ずくめ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです