米国

民主主義、取り戻せ 「華氏119」ムーア監督、トランプ氏批判

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
新作「華氏119」について話すマイケル・ムーア監督=ニューヨークのホテルで2018年11月1日、國枝すみれ撮影
新作「華氏119」について話すマイケル・ムーア監督=ニューヨークのホテルで2018年11月1日、國枝すみれ撮影

 【ニューヨーク國枝すみれ】新作映画「華氏119」の日本公開を機に、マイケル・ムーア監督(64)が1日、米ニューヨークで日本メディアのインタビューに応じた。厳しいトランプ米大統領批判で知られるムーア氏は「米国の民主主義は(次期大統領選の)2020年までもたない。破壊されてポイント・オブ・ノー・リターン(後戻りできない段階)に達してしまう」と述べ、6日投開票の中間選挙で野党・民主党が上下院を…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文492文字)

あわせて読みたい

ニュース特集