メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジアラビア

記者殺害 「最高レベルから命令」 トルコ大統領寄稿

エルドアン氏=AP

 【エルサレム高橋宗男、カイロ篠田航一】サウジアラビア政府を批判してきたサウジ人記者ジャマル・カショギ氏がトルコ・イスタンブールのサウジ総領事館で殺害された事件で、トルコのエルドアン大統領は2日の米紙ワシントン・ポスト(電子版)に寄稿し、「サウジ政府の最高レベルから殺害命令が出ていた」との認識を示した。焦点のムハンマド皇太子の関与には言及しなかったが、「(皇太子の父の)サルマン国王が命じたとは思わない」と指摘した。

 エルドアン氏はこれまで、トルコとの関係が深いカタールとの断交など、一連のムハンマド氏の対外政策を批…

この記事は有料記事です。

残り527文字(全文786文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

  3. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  4. 須磨海浜水族園、民営化で小中生入場料3倍超え 市民「高過ぎ」署名活動

  5. あおり運転 暴行容疑で男逮捕 ボンネットたたく 稲敷署 /茨城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです