メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

ライオンズマンション 住宅建設の王者目指す

 1968年、大京観光(現大京)が作ったマンションブランド。東京・赤坂に第1号を建てる際、社内外で公募して決めた。ライオンは百獣の王であり、家族を大切にするという。「将来は住宅建設の王者になりたい。家族向けに重厚な風格を備えた豪華な住まいを提供したい」(広報)という願いを込めた。

 名づけ親は当時取締役だった鈴木慶一氏。訪問先のヨーロッパで町中に彫刻が多かったことから「マンションの入り口にライオンの等身大の像を飾ったらどうか」と提案した。ところがマンションの分譲価…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文583文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  2. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE
  4. 女性遺体を福島に遺棄容疑、27歳男逮捕 警視庁
  5. 元駐日仏大使「国際社会で日本が信頼失う事態に」 ゴーン前会長逮捕に強い不快感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです