メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒武御神火御殿-三島屋変調百物語六之続

/93 第二話 姑の墓=宮部みゆき 題字・絵 藤枝リュウジ

 丘の墓所には石で囲んだ雨水溜(だ)めを設けてあるので、掃除にはそこの水を汲(く)み出して使う。桜が咲き出す前は春雨が続いていたので、水はたっぷり溜まっていた。

 お花は一心に働いた。ときどき顔を上げてみると、お母ちゃんやお恵と目が合った。その目の輝きに、いっそう心が弾んだ。

 かがり屋の柵の内側を浄(きよ)めるのは、いちばん最後にとっておいた。村長(むらおさ)の許しをもらって、村の代表で掃除に来たのだから、自分のところは後に回すのが礼儀というものだ。

 お祖母ちゃんが亡くなって以来、かがり屋に不幸はない。盛り土はほとんど平らになっており、その上に桜や…

この記事は有料記事です。

残り648文字(全文924文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 「武器を爆買いするなら年金に回せ!」 老後2000万円問題で抗議集会
  3. ボール蹴り非常口灯壊す動画をインスタ投稿 少年4人を事情聴取 兵庫県警
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです