メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『猫のためいき鵜の寝言 十七音の内と外』=正木ゆう子・著

 (春秋社・1836円)

 いっぷう変わったタイトルのエッセー集。しかしこのタイトルから、俳人・正木ゆう子の個性と感性がよく伝わってくる。知性と好奇心と情感。そしてなにより純真な人である。

 故郷・熊本のこと。折々に長逗留(ながとうりゅう)をする那須のこと。お酒好きの夫婦の日々。もちろん俳句のこと。家族をはじめ人との縁、生き物との縁、言葉との縁。そして六十代に入った人生の奥行と妙味。肩の力を抜いて自由に…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  3. 支局長からの手紙 ゴリラからの警告 /京都
  4. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  5. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです