メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

日本シリーズ ソフトバンク2-0広島(その2止) タカ執念の日本一 神采配、内川バント

【広島-ソフトバンク】2年連続の日本一を決め、胴上げされるソフトバンクの工藤監督=マツダスタジアムで2018年11月3日、徳野仁子撮影

 勝利の瞬間、力いっぱいに両の拳を握りしめた。2年連続の日本一を決めたソフトバンクの工藤監督は「最高に幸せ。選手が満身創痍(そうい)の中で突っ走ってくれた」。選手らに14回胴上げされ、顔をしわくちゃにして喜んだ。

 短期決戦での勝ち方を知り尽くしたように、大胆な采配を振った。四回無死一、二塁の好機を迎えた場面。打席に立つ内川はバットを横に向けた。工藤監督のサインは第5戦に続く「送りバント」。内川は「試合展開から、そうなると思っていた」と一塁側へ転がした。続く西田の打席ではスクイズを敢行し、先取点を手にした。内川をはじめとしてお祭り騒ぎのように喜ぶナインの横で、指揮官は大きく手をたたいた。

 今季2000安打を達成した内川への犠打のサインは「苦渋の決断」だった。状態の上がらない松田宣を先発…

この記事は有料記事です。

残り946文字(全文1292文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  4. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  5. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです