メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

日本シリーズ ソフトバンク2-0広島(その2止) タカ執念の日本一 神采配、内川バント

【広島-ソフトバンク】2年連続の日本一を決め、胴上げされるソフトバンクの工藤監督=マツダスタジアムで2018年11月3日、徳野仁子撮影

 勝利の瞬間、力いっぱいに両の拳を握りしめた。2年連続の日本一を決めたソフトバンクの工藤監督は「最高に幸せ。選手が満身創痍(そうい)の中で突っ走ってくれた」。選手らに14回胴上げされ、顔をしわくちゃにして喜んだ。

 短期決戦での勝ち方を知り尽くしたように、大胆な采配を振った。四回無死一、二塁の好機を迎えた場面。打席に立つ内川はバットを横に向けた。工藤監督のサインは第5戦に続く「送りバント」。内川は「試合展開から、そうなると思っていた」と一塁側へ転がした。続く西田の打席ではスクイズを敢行し、先取点を手にした。内川をはじめとしてお祭り騒ぎのように喜ぶナインの横で、指揮官は大きく手をたたいた。

 今季2000安打を達成した内川への犠打のサインは「苦渋の決断」だった。状態の上がらない松田宣を先発…

この記事は有料記事です。

残り946文字(全文1292文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. 天空の城ラピュタ ムスカのサングラスが初商品化 パズーの飛行士用ゴーグルも
  3. 熱中症対策 「男性も日傘を」環境相呼びかけ
  4. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害
  5. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです