メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

日本シリーズ タカ執念の日本一 甲斐、盗塁阻止する

【広島-ソフトバンク】一回裏広島1死一塁、打者・丸の時、一塁走者・田中の盗塁を阻止するソフトバンクの甲斐=マツダスタジアムで2018年11月3日、徳野仁子撮影

 日本シリーズで4試合連続盗塁を阻止するなど、通称「甲斐キャノン」の強肩で躍動したソフトバンクの甲斐拓也捕手(25)。昨年に続く日本一を手にした今シーズンを振り返った。

 シリーズでも周りから「強肩」と言われましたが、自分ではそうは思っていません。でも、「甲斐キャノン」と名付けられ、イメージを持ってもらえたことはうれしいです。

 自分の長所だとは思うけど、盗塁阻止率もポップアップタイム(二塁送球の速さ)も意識したことがない。どれだけ速く投げられてもセーフなら意味がない。アウトにさえできればいいと思っています。

この記事は有料記事です。

残り622文字(全文877文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. 大阪府で新たに41人感染確認 1日あたり最多 死者4人に 新型コロナ

  4. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  5. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです