メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

「家族」との最後、心に刻み 広島・新井貴浩内野手(41)

【広島-ソフトバンク】八回裏、打席に立つ広島の代打・新井貴浩選手=マツダスタジアムで2018年11月3日、小出洋平撮影

 プロ野球・広島の新井貴浩内野手(41)が3日、日本シリーズを最後にユニホームを脱いだ。チームの精神的支柱は日本一には手が届かなかったが、「悔しさがないといえばうそだが、シリーズでみんなの必死さが伝わってきた。感謝しかない」と思いを述べた。

 1勝3敗1分けで戻ってきた本拠地・マツダスタジアムでの日本シリーズ第6戦。新井選手は試合前の円陣で声をかけて仲間を送り出し、試合中もベンチの最前列で声を出していた。2点を追う八回裏、「代打・新井」が告げられた。新井選手は速球に詰まって遊ゴロに倒れたが、一塁まで全力で走り抜くとひときわ大きな声援と拍手が送られた。九回表…

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文700文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ことば 紀の川小5刺殺事件 /和歌山
  2. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 10代の自殺、昨年32人増加 全体では9年連続減り2万840人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです