メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

早世の数学者・長尾健太郎さん(その1) 小6、美しい独創解答

 気鋭の数学者がいた。その名を長尾健太郎という。

 高校時には、世界中の若者が挑戦する国際数学オリンピックで、日本人初の3大会連続金メダルという快挙を達成した。研究者となってからは、理論物理学の分野からも注目される論文を書き、若手数学者の登竜門とされる「建部賢弘(たけべかたひろ)賞」を受賞した。

 15歳の夏に左太ももに腫瘍が見つかり、再発と手術を繰り返した。名古屋大助教だった2013年10月に亡くなった。31歳だった。国内外の数学者が早すぎる死を悼み、論文に<長尾健太郎にささげる>と記した。

 ハンガリー出身の数学者で大道芸人のピーター・フランクルさん(65)も、その才能に驚いた一人だ。

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文757文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  2. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  3. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. リーチ主将「とても感動した」 開幕戦勝利の日本代表が一夜明け会見 ラグビーW杯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです