メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

早世の数学者・長尾健太郎さん(その1) 小6、美しい独創解答

 気鋭の数学者がいた。その名を長尾健太郎という。

 高校時には、世界中の若者が挑戦する国際数学オリンピックで、日本人初の3大会連続金メダルという快挙を達成した。研究者となってからは、理論物理学の分野からも注目される論文を書き、若手数学者の登竜門とされる「建部賢弘(たけべかたひろ)賞」を受賞した。

 15歳の夏に左太ももに腫瘍が見つかり、再発と手術を繰り返した。名古屋大助教だった2013年10月に亡くなった。31歳だった。国内外の数学者が早すぎる死を悼み、論文に<長尾健太郎にささげる>と記した。

 ハンガリー出身の数学者で大道芸人のピーター・フランクルさん(65)も、その才能に驚いた一人だ。

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文757文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 重症者最多934人

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

  4. 吉川元農相、異例の在宅起訴 端緒は河井夫妻捜査 養鶏業界実力者が図った政界工作

  5. コロナ「第2波」で自殺16%増 東京都健康長寿医療センター分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです