メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集

明治150年記念 華ひらく皇室文化-明治宮廷を彩る技と美 世界が驚く工芸の神髄

 明治の皇室ゆかりの美術・工芸品を展観する「明治150年記念 華ひらく皇室文化-明治宮廷を彩る技と美」展が、今月25日まで京都文化博物館(京都市中京区)で開かれている。全国5会場を巡回する中、京都会場だけに並ぶ貴重な展示品も多い。本展実行委員会の名誉委員長で京都産業大特別教授の三笠宮家の彬子(あきこ)さまに、本展の魅力や文化の継承について語っていただいた。【聞き手・三輪晴美】

この記事は有料記事です。

残り1215文字(全文1404文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福井放送の87歳元社長逮捕 帰宅途中にひき逃げ容疑「物を踏んだと思った」
  2. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  3. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委
  4. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  5. 丸山議員「女性いる店で飲ませろ」 北方領土訪問中、禁止されている外出を試みる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです