メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
身体障害者補助犬シンポジウム

補助犬受け入れ、300人が学び合う 兵庫・宝塚

「補助犬トーク」で話す(左から)木村佳友・日本介助犬使用者の会会長、中川智子・宝塚市長、阿部知子・衆院議員、橋爪智子・日本補助犬情報センター事務局長=兵庫県宝塚市で2018年11月3日、小松雄介撮影

 兵庫県宝塚市で3日、「第20回身体障害者補助犬シンポジウム」が開かれ、補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)使用者や支援者ら約300人が参加した。1999年に第1回を開催して以降、2002年の身体障害者補助犬法の成立など障害者の社会参加を取り巻く約20年間を振り返り、バリアフリー社会の実現に向けて参加者全員で学び合った。

 NPO法人「日本補助犬情報センター」(横浜市)、宝塚市、毎日新聞社でつくる実行委の主催。盲導犬使用…

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文434文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  2. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. ORICON NEWS 島耕作、会長退任で相談役就任 「役職は永遠のネタ」とネット上話題

  5. 「NHKと契約したら受信料は義務」政府が答弁書 スクランブル放送には否定的見解

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです