メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

華氏119 偏見と差別解き放たれ、ナチスに重なる米国

 2016年11月9日、ドナルド・トランプ氏がアメリカの大統領に選出されました。それから2年、世界は変わりました。アメリカは地球環境保護についてパリ協定から離脱し、さらにカナダ・メキシコとの間に結ばれた北米自由貿易協定の再交渉を要求、国内では移民入国を規制し、国民医療についてオバマケアを撤廃、学校や宗教施設で相次ぐ銃乱射事件についても施設に銃を持ち込んだらよかったなどの発言を繰り返しています。

 その前の大統領、バラク・オバマ氏のもとでは環境保護と自由貿易、国民医療や銃砲器規制の試みが続けられ…

この記事は有料記事です。

残り1364文字(全文1612文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  2. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  3. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  4. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

  5. 私だけの東京・2020に語り継ぐ 漫画家・清野とおるさん 「ダメでいい」赤羽の深さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです