メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校ラグビー

岡谷工が花園へ 2大会ぶり30回目 長野

【岡谷工-飯田】前半13分、相手DF陣に当たりながらも先制トライを決めた岡谷工・吉池=長野市の南長野運動公園総合球技場で2018年11月4日午後2時12分、島袋太輔撮影

 第98回全国高校ラグビーフットボール大会の長野県予選(県高校体育連盟など主催)の決勝が4日、長野市の南長野運動公園総合球技場で行われた。岡谷工が10年連続の決勝での対戦となった飯田を22-12で破り、2大会ぶり30回目の花園出場を決めた。

 岡谷工が強力FWの持ち味を発揮した。前半12分、ドライビングモールでゴールに迫り、FW吉池風知主将(3年)がトライして先制。後半は開始直後の2分、SO春宮省汰選手(3年)がゴール前でボールを受け取って飛び込みトライ。勢いに乗った岡谷工はその後も2トライを奪い、22-0と突き放した。

 飯田はその後、展開ラグビーでWTB矢嶋智彦選手(2年)とCTB黒沢稔生選手(2年)がトライするなど…

この記事は有料記事です。

残り527文字(全文839文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです