メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気温4.5度上昇時

熱中症避けるには始業6時間前倒し

 現在のペースで地球温暖化が進んだ場合、熱中症を避けるには働く時間を今世紀末世界的に平均5.7時間前倒しする必要があるとの予測を、国立環境研究所などのチームがまとめ、米地球物理学連合の専門誌に発表した。日本も暑い時期には5.9時間程度の前倒しが必要になるという。

 労働中の熱中症を避けるため、各国の研究機関などは気温や湿度などで算出する「暑さ指数」が高いほど休憩を増やし、作業時間を短くするよう勧めている。

 チームは世界の現在や将来の1時間ごとの暑さ指数をシミュレーションし、今と同程度の作業時間を確保する…

この記事は有料記事です。

残り705文字(全文958文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  3. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  4. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」
  5. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです