メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュア

羽生、SP首位 106・69世界最高得点

フィンランド大会の男子SPで首位に立った羽生結弦=2018年11月3日、AP

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦、フィンランド大会第2日は3日、ヘルシンキで行われ、男子ショートプログラム(SP)で冬季五輪2連覇の羽生結弦(ANA)が106.69点をマークして首位に立った。ルール改正後の世界最高得点。

 ミハル・ブレジナ(チェコ)が93.31点で2位につけ、田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)が80.60点で7位。ペアは須崎海羽、木原龍一組(木下グループ)が合計145.65点で最下位の8位に終わった。(共同)

 羽生結弦 SPはだいぶ滑り込めてきたと思う。100点を超えられたことは大きい。満足できていないとこ…

この記事は有料記事です。

残り622文字(全文895文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつもより飲める」「働き方改革は…」 大阪・御堂筋線で2時台まで終電延長実験

  2. レルヒさんもため息? 雪国の新潟、歴史的暖冬で経済大打撃 影響深刻化も

  3. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  4. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  5. 新宿御苑「首相の到着時間」と「後援会関係者の入場時間」連動か 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです