メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校ラグビー

新潟工、15大会連続43回目V 県予選

持ち前の馬力で前進を続ける新潟工の選手たち=新潟市陸上競技場で2018年11月3日、井口彩撮影

 第98回全国高校ラグビーフットボール大会県予選(県高体連主催、毎日新聞新潟支局など後援)は3日、新潟市中央区の市陸上競技場で新潟工-北越による決勝が行われ、新潟工が15大会連続43回目の優勝を果たし、全国大会への切符を手にした。新潟工は北越に先制を許したが、その後は攻撃の手を緩めることなく、モールをまじえた力強い攻撃を展開。計7トライの快勝だった。試合後には、新潟工選手たちが恒例の胴上げを行った。15連覇になぞらえ、樋口猛監督が15回宙を舞い、応援席からは惜しみない拍手が送られた。新潟工は12月27日から東大阪市の花園ラグビー場で行われる全国大会に出場する。【北村秀徳、井口彩】

この記事は有料記事です。

残り1038文字(全文1331文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  5. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです