連載

クトゥーゾフの窓から

2018年春から2度目のモスクワ勤務に臨んでいます。目抜き通りの一つ「クトゥーゾフ通り」に面する支局の窓を開けると、何が見えてくるのか。周辺地域ものぞき込みながら考えていきます。

連載一覧

クトゥーゾフの窓から

日露の架け橋を(1)半世紀前の声楽家の思いを実現 日本題材のオペラがロシアで初演

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本とロシアを題材にしたオペラを作り、ロシアの劇場で上演したい--。半世紀も前に日本の声楽家が抱いた思いを踏まえ、遺族や日本人歌手が協力し、10月末に公演が実現した。当日には予期せぬ客も現れて、関係者は作品が取り持つ縁に感慨深げだった。

 モスクワの劇場ドーム・ムージキで10月30日、オペラ作品「光太夫」が上演された。江戸時代後期の18世紀後半に起きた史実に基づく作品である。運搬船船頭の大黒屋光太夫(だいこくや・こうだゆう)とその一行が漂流して帝政ロシアにたどり着き、足かけ10年の苦難の末に帰国するまでを描いている。約100分の作品が幕を閉じると、場内は歓声に包まれた。

この記事は有料記事です。

残り1965文字(全文2253文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集