メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クロサイ

脱「都会恐怖症」 愛媛から大阪へ、人前出られず 飼育員、2年半「特訓」 大阪・天王寺動物園

展示場でエサを食べるクロサイのライ=大阪市天王寺動物園で2018年10月30日、山崎一輝撮影

 大阪市天王寺動物園で飼育されている希少動物のクロサイが今夏、極度の「都会恐怖症」から脱し、来場客に元気な姿を見せられるようになった。2016年に繁殖を期待されて愛媛からやって来た雄のライ(7歳)=写真・山崎一輝撮影。騒がしい都市部の環境になかなかなじめず、寝室や非公開の獣舎にこもりがちだった。デビューまで約2年半を費やした道のりには、担当飼育員との「二人三脚」の地道な訓練があった。【柴山雄太】

 ライは11年冬、山あいの愛媛県立とべ動物園(砥部町)で生まれた。愛媛では来場客を怖がるそぶりはなかった。しかし16年2月、親元を離れて天王寺に移ると、急激な環境の変化に様子が一変。人前に出ることを嫌うだけでなく、寝室の扉に体当たりしたり、天井の蛍光灯を壊したりして暴れ回った。

この記事は有料記事です。

残り604文字(全文942文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  5. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです