クロサイ

脱「都会恐怖症」 愛媛から大阪へ、人前出られず 飼育員、2年半「特訓」 大阪・天王寺動物園

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
展示場でエサを食べるクロサイのライ=大阪市天王寺動物園で2018年10月30日、山崎一輝撮影
展示場でエサを食べるクロサイのライ=大阪市天王寺動物園で2018年10月30日、山崎一輝撮影

 大阪市天王寺動物園で飼育されている希少動物のクロサイが今夏、極度の「都会恐怖症」から脱し、来場客に元気な姿を見せられるようになった。2016年に繁殖を期待されて愛媛からやって来た雄のライ(7歳)=写真・山崎一輝撮影。騒がしい都市部の環境になかなかなじめず、寝室や非公開の獣舎にこもりがちだった。デビューまで約2年半を費やした道のりには、担当飼育員との「二人三脚」の地道な訓練があった。【柴山雄太】

 ライは11年冬、山あいの愛媛県立とべ動物園(砥部町)で生まれた。愛媛では来場客を怖がるそぶりはなかった。しかし16年2月、親元を離れて天王寺に移ると、急激な環境の変化に様子が一変。人前に出ることを嫌うだけでなく、寝室の扉に体当たりしたり、天井の蛍光灯を壊したりして暴れ回った。

この記事は有料記事です。

残り604文字(全文942文字)

あわせて読みたい

注目の特集