メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

子どもの気持ち=永山悦子

 もし自分の「父親」が、どこのだれだか分からなくなったら--。人生で、そんなことに直面することはそうそうないだろう。

 慶応大病院が、他人の精子を使った人工授精(AID)の新たな患者受け入れを停止した。この治療では提供者は匿名で、生まれた子には事実を知らせなかったため、偶然生い立ちを知った子たちが遺伝上の父が分からず苦しんできた。「自分は何者なのか」「親のうその上で成り立った人生で、何が本当か分からなくなった」と。

 AIDは、夫が無精子症などの場合に、第三者の精子を妻の子宮へ入れて子を授かる不妊治療。日本では、こ…

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文940文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 詐欺罪問われた男性に無罪 「調べが適切か検証の必要」 大津地裁判決

  4. クックパッドニュース SNSで大人気!調理にも保存にも大活躍の「アイラップ」を使ったレシピ

  5. ことば AYA世代

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです