メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

子どもの気持ち=永山悦子

 もし自分の「父親」が、どこのだれだか分からなくなったら--。人生で、そんなことに直面することはそうそうないだろう。

 慶応大病院が、他人の精子を使った人工授精(AID)の新たな患者受け入れを停止した。この治療では提供者は匿名で、生まれた子には事実を知らせなかったため、偶然生い立ちを知った子たちが遺伝上の父が分からず苦しんできた。「自分は何者なのか」「親のうその上で成り立った人生で、何が本当か分からなくなった」と。

 AIDは、夫が無精子症などの場合に、第三者の精子を妻の子宮へ入れて子を授かる不妊治療。日本では、こ…

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文940文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです