メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

県予選 岡谷工、花園30回目 飯田に借り返し2年ぶり /長野

 第98回全国高校ラグビーフットボール大会県予選(県高校体育連盟など主催、毎日新聞長野支局など後援)は4日、長野市の南長野運動公園総合球技場で決勝があった。10年連続の同カードで、岡谷工が22-12で飯田を破り、2年ぶり30回目の花園への切符を獲得した。岡谷工は12月27日、東大阪市の花園ラグビー場で開幕する全国大会に出場する。【ガン・クリスティーナ】

 岡谷工が強力FWの持ち味を発揮した。前半12分、ドライビングモールでゴールに迫り、FW吉池風知主将(3年)がトライして先制。後半は開始直後の2分、SO春宮省汰選手(3年)がゴール前でボールを受け取って飛び込みトライ。勢いに乗った岡谷工はその後も2トライを奪い、22-0と突き放した。

 飯田はその後、展開ラグビーでWTB矢嶋智彦選手(2年)とCTB黒沢稔生選手(2年)がトライするなど粘りを見せたが、反撃が遅かった。

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文906文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 初の「東京アラート」発令へ 感染再拡大の兆候 悪化なら休業再要請検討

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

  4. 青森市の61歳女性殺害容疑 同居の長男を逮捕

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです