メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

県予選 男子、佐久長聖V21 女子、長野東がV12 全員、区間賞 /長野

 男子第69回、女子第30回全国高校駅伝競走大会の県予選(県高体連など主催、毎日新聞長野支局など共催)は4日、大町市の市運動公園・陸上競技場を発着点に開かれ、男子(7区間、42・195キロ)は昨年全国制覇の佐久長聖が21連覇、女子(5区間、21・0975キロ)は昨年、全国準優勝の長野東が12連覇を果たした。いずれも区間賞を独占。長野東は大会新記録で、2区でも区間新をマークした。両校は12月23日、京都市の西京極総合運動公園陸上競技場を発着点に開かれる全国大会に出場する。また、男女上位3校は18日に富山県黒部市である北信越大会に出場。女子は30回記念で、同大会で各県優勝校を除いた最上位になれば全国大会の出場権を獲得する。【原奈摘】

この記事は有料記事です。

残り1266文字(全文1584文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. ORICON NEWS EXIT、闇営業報道で余波?「お達しが出まして…」 『M-1』への熱い思いも告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです