メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朗読劇

利休の家族と生き様を描く 10~12日、さかい利晶の杜 /大阪

 堺の商人で、わび茶を大成した千利休とその家族の姿を描く朗読劇「雪間の草」が、10~12日、堺市堺区宿院町西の文化観光施設「さかい利晶の杜」の茶室で上演される。

 関西に実在した人物や実際に起きた事件を題材に、大阪ガスが提供している朗読劇シリーズ「イストワール histoire」の新作。大阪の劇団「虚空旅団」を主宰する劇作家、高橋恵さんが書き下ろし、演出する。

 映画やドラマでは、豊臣秀吉の命で切腹させられた利休の晩年が描かれることが多いが、この作品は、茶の湯…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文493文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)
  2. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
  3. 青森 グーグルマップ改ざん 中学校名に「いじめ」
  4. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  5. 暴言 支援学級担任が「色気付きやがって」 生徒不登校に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです