メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街かど・撮っておき

六甲高山植物園 ライトアップ、幻想的 紅葉見ごろ 園内に芸術作品も展示 /兵庫

ライトアップと紅葉で、闇夜にさまざまな色で浮かび上がる木々。池の水面に映る景色も美しい=神戸市灘区六甲山町北六甲の六甲高山植物園で、黒川優撮影

 赤、青、紫、緑……。瞬く間に色を変えていく光が木々を照らし、園内は数秒おきに全く違う表情を見せる。神戸市街地から車で30分ほど山を登った先にある六甲高山植物園(神戸市灘区)で、見ごろを迎えている紅葉がライトアップされている。澄んだ冷たい空気の中、幻想的な光景が観光客を静かに楽しませている。

 六甲高山植物園は、1933年に標高865メートルの六甲山頂付近に開園した。気温はふもとの市街地よりも約5度低く、北海道南部に相当。園内では高山植物や寒冷地植物など約1500種が野生に近い形で栽培され、…

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文619文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  2. これからどんどんつらくなるかも…頑張らないと 保釈の周庭氏 日本人に感謝も

  3. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  4. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  5. 国民・玉木氏 分党まで持ち出しこだわったものとは 混乱残り前途多難

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです