特集

第46回社会人野球日本選手権

社会人野球の単独チーム日本一を争う第46回日本選手権大会(6月29日~7月14日)の特集サイトです。

特集一覧

社会人野球

日本選手権 1回戦 JFE西、投打に持ち味発揮 4年ぶり勝利に歓喜 /広島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
4年ぶりの勝利に歓声を上げるJFE西日本の応援スタンドの来場者ら=京セラドーム大阪で、李英浩撮影
4年ぶりの勝利に歓声を上げるJFE西日本の応援スタンドの来場者ら=京セラドーム大阪で、李英浩撮影

JFE西日本

  015000000=6

  000000000=0

宮崎梅田学園

 京セラドーム大阪(大阪市)で開かれている第44回社会人野球日本選手権(日本野球連盟、毎日新聞社主催)は大会第4日の4日、JFE西日本(2大会ぶり12回目)が宮崎梅田学園(初出場)=宮崎=と対戦した。投打それぞれに持ち味を発揮したJFE西は、6-0で快勝。スタンドからは大きな歓声が上がった。2回戦は大会第7日の7日、第3試合(午後6時開始)で東海理化(13大会ぶり3回目)=愛知=と対戦する。

 一塁スタンドは、選手の家族や職場の同僚ら約4500人で埋め尽くされた。初回は両チームとも3者凡退に終わったが、二回に5番・藤本知輝選手(26)が左越えソロを放ち先制。旧日本鋼管福山時代から応援を続けてきた後藤佑治さん(90)=福山市=は「中国地区予選でもよく飛ばしていたので、打ってくれると信じていた」と喜んだ。

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文722文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る