メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

県予選 東明、舞鶴が決勝へ 3年連続同カード 上野丘、雄城台は力及ばず /大分

 第98回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)県予選の準決勝が4日、由布市の市湯布院スポーツセンターであった。大分東明が62-14で大分上野丘に、大分舞鶴が75-5で大分雄城台にそれぞれ圧勝し、決勝に進出した。大分東明と大分舞鶴の顔合わせは3年連続。決勝は11日午後1時5分キックオフ、大分市営陸上競技場で開催される。

 第1試合は展開力に優れる大分東明が、前半に7トライを奪う攻撃で勝負を決めた。セコナイヤ・ブル選手らフィジーの1年の留学生2人の突進も威力を発揮した。ただ、後半はパスミスもあり、自陣での攻防を強いられる場面もあった。決勝は2年続けて敗れている大分舞鶴が相手。河村陸主将(3年)は「一つのミスも許されない。気迫で戦い抜く」と意気込んでいた。

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文578文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バンクシー、マスクのネズミも コロナテーマに新作、動画投稿 英地下鉄に

  2. 「佐川さんには私の目を見て話をしてほしい」 近畿財務局職員の妻雅子さん

  3. コロナ対策「アドバイザリーボード」再開 「夜の街」呼称やめ「社交飲食店」に

  4. 首相と菅氏、吉村知事を厚遇「リーダーシップに敬意」 小池氏と対照的

  5. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです