メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

軍縮のテーブルへどうぞ=山田孝男

 核軍縮の中でも際立った実績を生み出した中距離核戦力(INF)全廃条約が崩れかけている。

 当事国である米露の関係が悪化。一方では核拡散が進み、条約に縛られない核保有国が増えた。

 世界は暗転、逆流し、日本は無力--のように見える。だが、冷戦末期、INF条約締結へ道筋をつけた陰の立役者は、じつは日本だった。

 故(ふる)きを温(たず)ね、新たな知恵を探ってみよう。

この記事は有料記事です。

残り1174文字(全文1354文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  2. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  3. 三菱自動車岡崎の主戦・仲井 独特の投げ方武器に初登板飾る
  4. 「自分のスケート探す」 フィギュア・宇野、今季はメインコーチ不在に
  5. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです