メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

柳田悠岐さん=ソフトバンクを日本一に導いた4番打者

ソフトバンクが日本一になり、記念写真に納まるソフトバンクの柳田悠岐選手=マツダスタジアムで2018年11月3日、平川義之撮影

柳田悠岐(やなぎた・ゆうき)さん(30)

 地元・広島での日本シリーズを「奇跡」と表現した。物心ついた時から広島東洋カープファン。盗塁王を獲得した野村謙二郎さんの背番号の入ったユニホームを着て、旧広島市民球場に通う少年だった。時を経て福岡ソフトバンクホークスの主軸となり、憧れの舞台で日本一に。選手会長として胴上げされ、「夜空がきれいで心地よかった」。

 代名詞は、観衆を魅了する「フルスイング」。シリーズ第5戦では延長十回にバットを折りながらも、こん身のフルスイングで右翼席へサヨナラ本塁打を放った。球界の大物OBからけがのリスクを指摘されることもあるが、「俺には分からないっす」ととぼける。自分の考えを押し通す、意志の強い一面がある。

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文679文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

  3. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです