メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

非営利法人「善意」の陰で

休眠NPO、看板悪用 東京、多重債務者集め詐欺/茨城、実態は違法風俗店

休眠NPO法人が関係した主な事件

 監督すべき自治体も「野放し」と自認する休眠中の特定非営利活動法人(NPO法人)。毎日新聞の調査で約12%が休眠状態に陥り、中には詐欺や売春の舞台になるケースさえあることが明らかになってきた。2013年には国の有識者会議が問題視し、「不正の温床になりかねない」とする報告書をまとめたが、約5年たっても手つかずのまま。来月施行から20年を迎える現行のNPO法では対処できず、見直しが必要だ。【向畑泰司、田中龍士、五十嵐朋子】

この記事は有料記事です。

残り2999文字(全文3210文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 体操 世界選手権 内村、代表入り消滅 種目別予選回避で
  2. 白い野生パンダを初めて撮影 中国・四川省
  3. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  4. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  5. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです