メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの戦後史

90年代、署名記事化の動き 客観報道と責任明確化の間

十勝毎日新聞や毎日新聞の記事署名化を取り上げた毎日新聞1997年2月13日朝刊メディア面

 「ニュースの報道には絶対に記者個人の意見をさしはさんではならない」。敗戦の反省に立って1946年に制定された日本新聞協会の「新聞倫理綱領」にこんな一節がある。2000年に「報道は正確かつ公正でなければならず、記者個人の立場や信条に左右されてはならない」と改められたが、新聞報道は客観報道の原則が貫かれてきた。

 日本の新聞記事は解説やルポ、特派員発の原稿を除いて、記者の名前を入れなかった。毎日新聞が76年に創…

この記事は有料記事です。

残り1272文字(全文1477文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  2. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  3. 米子東の選手がベンチ入りせず
  4. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史
  5. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです