メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

シャッター事故「安全装置不備」 電動式で消費者事故調報告書

電動式シャッターの事故等原因調査報告書について説明する消費者安全調査委員会の持丸正明委員長代理(左)ら

 電動式シャッターによる死傷事故が相次いだことについて、消費者安全調査委員会(消費者事故調)は、古いシャッターで安全装置が無かったり、あっても故障したまま使い続けたりするなど安全装置の不備が主因だとする報告書をまとめた。関係省庁に安全装置の設置や保守点検を周知徹底させるよう求めている。

 ●01年から14人死亡

 事故調によると2016年9月、80代の男性が電動車いすに乗って自宅車庫から道路に出ようとした際に電動式シャッターに上半身を挟まれて重傷を負った。この男性による申し出を受けて昨年7月から調査を始めた。死傷事故が01年から17年までに28件発生し、14人が死亡しており、このうち5件を選んで、原因を詳しく分析した。

この記事は有料記事です。

残り717文字(全文1028文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 2月7日の宣言解除「現実的でない」 中川・日本医師会長

  3. 関西空港が「シャッター通り」 インバウンド消失でも、「V字回復」待つしか

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです