メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒武御神火御殿-三島屋変調百物語六之続

/94 第二話 姑の墓=宮部みゆき 題字・絵 藤枝リュウジ

 話はあんまりしなかった。このひととき、四人でこの景色を眺めていることの幸せに、やっぱり言葉は要らなかったのだ。

 片付けて引き揚げるときは、丸太の階段の降り口の手前に並んで、みんなで墓所に向かって頭を下げた。

「至りませんが、お清めをさせていただきました」と、お母ちゃんが声をあげた。

「明日は村の衆が花見に参ります。天下一の眺めの、天下一の花見になりますよう祈念しながら、わたしどもは引き揚げさせていただきます」

 そして合掌した。与之助とお恵、お花もそれに倣った。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
  2. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰
  3. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  4. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師にささげる初優勝
  5. 躍進の炎鵬関 事故死した「兄」しこ名に 白鵬がスカウト

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです