メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操

世界選手権 内村鉄棒で銀

 【ドーハ共同】体操の世界選手権最終日は3日、ドーハで種目別決勝後半が行われ、男子鉄棒で2015年大会以来の頂点を狙った内村航平(リンガーハット)は14・800点で銀メダルだった。エプケ・ゾンダーランド(オランダ)が15・100点で3大会ぶり3度目の優勝を果たした。

 男子跳馬で昨年覇者の白井健三(日体大)は14・675点、女子床運動で昨年優勝の村上茉愛(日体大)は13・866点でともに3位。日本勢は今大会で計6個のメダルを手にしたが、11年ぶりに金メダルはなかった。

 女子床運動はシモーン・バイルス(米国)が14・933点で今大会4冠を達成し、歴代最多の金メダルを1…

この記事は有料記事です。

残り882文字(全文1167文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委
  2. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  3. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  4. 「応援大使」田口淳之介容疑者逮捕 熊本市「絶句」
  5. ORICON NEWS 川栄李奈、夫・廣瀬智紀の“二股”報道に「本人にしかわかりません」「今後頑張りましょうか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです