メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

フィンランド大会 羽生、圧巻の世界最高

 【ヘルシンキ共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦、フィンランド大会最終日は4日、ヘルシンキで男子フリーが行われ、冬季五輪2連覇の羽生結弦(ANA)がショートプログラム(SP)に続いてフリーも1位の190・43点をマークし、合計297・12点でファイナル4連覇を含むGP9勝目を挙げた。GP初戦を制したのは、シニア参戦9季目で初。SPに続いてフリー、合計でもルール改正後の世界最高得点となった。SP7位の田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)はフリー9位の合計206・82点で8位だった。

 第2日は3日、女子SP7位、坂本花織(シスメックス)がフリーで2位の140・16点をマークし、合計…

この記事は有料記事です。

残り990文字(全文1292文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
  2. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  3. トランプ氏の大相撲観戦 国技館内外でピリピリ 当日券販売は通常の半分に
  4. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰
  5. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師にささげる初優勝

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです