メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出自知る権利

46%容認 第三者精子・卵子の子 東大調査

 不妊に悩む夫婦が第三者から精子や卵子などの提供を受けて出産した子が将来、遺伝上の親を知る「出自を知る権利」についてアンケートしたところ、回答の半数近くが認める考えを持っていることが、東京大の研究チームの意識調査で判明した。米科学誌プロスワンで発表した。

 日本では第三者を介する生殖補助医療に関する法的規制が存在せず、一部の医療機関や団体によって既成事実が先行している。こうした方法で生まれた子の中には、成長後…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文513文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  4. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  5. 質問なるほドリ 5Gどんな通信? 動画も超高速ダウンロード 自動運転支える=回答・森有正

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです