メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸上

パライベント ぼくも金メダリストになる 小5の決意

路上に特設された陸上トラックで、転倒しながらも起き上がり走り出す斎藤暖太さん(右)=東京都渋谷区で2018年11月4日午後3時31分、竹内紀臣撮影

 義足スプリンターが健常者の陸上60メートルの世界記録(6秒34)を目指すイベントが4日、東京都渋谷区で開かれた。国内外の9選手による2020年東京パラリンピックの前哨戦に、沿道から声援が寄せられた。

 毎年秋に開催される文化芸術イベント「渋谷芸術祭」の一環で今年で2回目。レースは15年の世界パラ陸上(ドーハ)の100メートル、200メートルで金メダルを獲得したリチャード・ブラウン選手(米国)が7秒24で制した。

 予選と決勝の間には義足の小学生3人が60メートルに挑んだ。

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文573文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  2. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

  3. 75歳以上の医療費負担 2割に引き上げ 政府検討

  4. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  5. 名古屋市営地下鉄に初の駅ナカ 伏見駅「ヨリマチFUSHIMI」オープン

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです