メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

影山貴彦のテレビ燦々

新垣&野木「獣になれない私たち」 一気に躍動し始めたドラマ中盤

 今や実力、人気ともにナンバー1の脚本家、野木亜紀子。ここ2年半だけで、「重版出来(しゅったい)!」(MBS系・黒木華主演)、「逃げるは恥だが役に立つ」(MBS系・新垣結衣主演)、「アンナチュラル」(MBS系・石原さとみ主演)、「フェイクニュース」(NHK総合・北川景子主演)と話題ドラマを手掛けている。そして現在放送中の「獣になれない私たち」(読売テレビ系・新垣結衣・松田龍平主演)。想像を絶する仕事のペースだ。

 新垣&野木タッグのドラマは、「逃げ恥」があまりにも有名だが、2013年の「空飛ぶ広報室」(MBS系…

この記事は有料記事です。

残り480文字(全文737文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  3. なぜ相次ぐ有名人の薬物事件 背景にプレッシャー?

  4. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです