特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

秋季四国地区高校野球大会

高松商3年ぶり

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 (4日)

 エース香川の左腕頼みに、高松商の右腕・中塚が待ったをかけた。「ふがいないピッチングだった」と本人は不満そうだが、打線の援護がない中、7回を最少失点で投げ抜きエースへつないだ。昨秋の四国大会準決勝でコールド負けした屈辱を、優勝という最高の形で晴らした。ボールが先行し再三走者を背負ったが、踏ん張った。六回は先頭打者に二塁打を許し、犠打で1死三塁のピンチを迎えたが慌てない。「内外角で詰まらせることを意識した」とコーナーをうまく突き、後続を断ち切った。

 中塚が四国大会のマウンドに上がったのはこの日が初めて。大事な決勝を託した理由を、長尾監督は「香川ひとりだけではない。責任を持たせたかった」と明かす。【丹下友紀子】


四国(香川・レクザム)

 ▽決勝

松山聖陵(愛媛)

  010000000=1

  11010000×=3

高松商(香川)

 (松)佐野、高松、根本-岸田

 (高)中塚、香川-新居

 (高松商は3年ぶり9回目の優勝)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る