メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院予算委

首相 入管法改正案「移民政策導入でない」

参院予算委員会で外国人労働者の受け入れを拡大する入国管理法改正案に関する立憲民主党の蓮舫参院幹事長の質問への答弁中、傍聴席でヤジを飛ばす野党議員を指摘する安倍晋三首相=国会内で2018年11月5日午前9時45分、川田雅浩撮影

 参院予算委員会は5日午前、安倍晋三首相が出席して2018年度補正予算案の審議を始めた。外国人労働者の受け入れ拡大に向けた入管法改正案の新在留資格「特定技能2号」について、首相は「日本での永住が認められるには『素行が善良』『独立の生計を営める技能』など、厳しい条件がある」と説明。在留期間を更新できる同資格の取得がただちに永住にはつながらないとし、改正案は「移民政策」の導入ではないと改めて強…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文490文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 東京の感染者、新たに13人 再び2桁台に 新型コロナ

  4. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです