群馬・南牧村

日本一の限界集落 68年ぶり共同浴場復活

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
浴室は総ヒノキづくり。温泉は鉄分と石灰が豊富に含まれた黄金色で湯上がり後もぽかぽか=群馬県南牧村星尾で2018年10月30日、鈴木敦子撮影
浴室は総ヒノキづくり。温泉は鉄分と石灰が豊富に含まれた黄金色で湯上がり後もぽかぽか=群馬県南牧村星尾で2018年10月30日、鈴木敦子撮影

 最新の国勢調査(2015年)で高齢化率60.5%と日本一高かった群馬県南牧(なんもく)村で、移住者らが築200年の古民家を改修し、68年ぶりに共同浴場を復活させた。かつて地域住民の憩いの場として親しまれてきた「地域の宝」の復活に、「温泉を拠点にして村外から人を呼び寄せたい」との期待が膨らむ。

 共同浴場が復活したのは村の西端にある星尾地区。1933(昭和8)年に山の中腹から湧き出る鉱泉を加熱して開設されたが、50年に燃料のまきが不足し閉鎖された。地区は主産業だった養蚕やコンニャク作りも衰退。最盛期に100軒以上、数百人が暮らしていた集落は、16軒22人にとなり、70~80代のお年寄りだけという限界集落になった。

 転機は約1年半前に訪れた。07年に千葉県から移り住んで民宿を始めた米田優さん(71)らが「星尾に温泉を作ろうプロジェクト」を始動させた。個人の寄付やクラウドファンディング(インターネット上の資金調達)で約300万円を集め、空き家の古民家を自分たちの手で改修した。日曜大工、電気系統など、メンバーがそれぞれの特技を生かした。

この記事は有料記事です。

残り461文字(全文932文字)

あわせて読みたい

注目の特集