メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪

愛媛生まれクロサイがデビュー 「都会恐怖症」克服

展示場でエサを食べるクロサイのライと飼育員の中山宏幸さん=大阪市天王寺動物園で2018年10月30日、山崎一輝撮影

 大阪市天王寺動物園で飼育されている希少動物のクロサイが今夏、極度の「都会恐怖症」から脱し、来場客に元気な姿を見せられるようになった。2016年に繁殖を期待されて愛媛からやって来た雄のライ(7歳)。騒がしい都市部の環境になかなかなじめず、寝室や非公開の獣舎にこもりがちだった。デビューまで約2年半を費やした道のりには、担当飼育員との「二人三脚」の地道な訓練があった。

 ライは11年冬、山あいの愛媛県立とべ動物園(砥部町)で生まれた。愛媛では来場客を怖がるそぶりはなか…

この記事は有料記事です。

残り714文字(全文947文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 行政ファイル 金沢の飲食店で食中毒 /石川

  3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. なるか埼玉の新名物 蕨市の「わらび餅」 完成まで2年、こだわりの新食感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです