津波防災の日

南海トラフ地震想定、津波避難訓練 兵庫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
南海トラフ地震を想定した訓練で、屋上に避難する園児たち=兵庫県尼崎市で2018年11月5日午前10時5分、望月亮一撮影(画像の一部を加工しています)
南海トラフ地震を想定した訓練で、屋上に避難する園児たち=兵庫県尼崎市で2018年11月5日午前10時5分、望月亮一撮影(画像の一部を加工しています)

 東日本大震災をきっかけに定められた「津波防災の日」の5日、兵庫県内で、南海トラフ地震による津波を想定した一斉避難訓練があった。津波で浸水する可能性がある区域の15市町の幼稚園や学校、企業など228施設、約5万5000人が参加した。

 訓練は同日午前10時、南海トラフを震源とするマグニチュード(M)9の地震が発生、最…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文395文字)

あわせて読みたい

注目の特集