メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中間選挙

6日投票 上院は共和党、下院は民主党か

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領の今後の政権運営や再選戦略を大きく左右する中間選挙の投票日が6日に迫った。米連邦議会上下両院に加え、州知事や州議会などの選挙が一斉に実施され、即日開票される。上院は共和党が過半数を維持する公算。下院では民主党が多数派を奪還する勢いだが、最終盤で接戦となった選挙区も多く、勝敗の行方は予断を許さない。一方、民主、共和両党ともに支持者の間で選挙への関心が高まっており、投票率は2014年の36%を大幅に上回る見通しだ。

 AP通信は3日、郵便投票や不在者投票を含めた期日前投票者数が米で3060万人に達したと伝えた。まだ集計中の州もあるが、既に28州で14年の前回中間選を超えている。投票者総数が前回を上回ることは確実で、米メディアは「40%台後半」になると予想。中間選としては前回14年を上回るだけでなく、1966年(48・7%)以来52年ぶりの高い水準となる可能性がある。

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文654文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  2. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染 

  3. 岐阜市のナイトクラブでクラスター 従業員と客の計10人感染確認 新型コロナ

  4. 東京都の感染者が新たに118人 初の3桁 新型コロナ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです