メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
作家

「寄贈の本は数えてないんで」村上春樹さん一問一答

サインした「騎士団長殺し」英訳版を早大の鎌田薫総長(左)に渡す村上春樹さん=東京都新宿区で2018年11月4日午後4時26分、宮武祐希撮影

 母校の早稲田大へ蔵書資料などを寄贈する作家、村上春樹さんが4日にあった記者会見での一問一答は以下の通り。

 -- 冒頭、総長から37年ぶりの会見という話もありましたが、ご自分の声で説明されようと思った心境は?

 ◆ 37年前は、大森一樹くんが「風の歌を聴け」という映画を作って、それの記者会見に出てくれって、言われたんで出ました。今回、やっぱりすごく僕にとっても大事なことだし、早稲田大学に対しても責任を持たないといけないし、僕がきちんと自分でした方がいいかなと思いました。

この記事は有料記事です。

残り3005文字(全文3241文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水泳オープンウオーター選手悲鳴!お台場は悪臭と猛暑Wパンチ「トイレみたいな臭い」(スポニチ)

  2. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  3. 明石商、準決勝前にグラウンドで汗 「良い状態保てている」中森はマッサージでケア

  4. 「年越しそば、おいしそうに食べろ」 壮絶な虐待の詳細明らかに 野田・女児虐待死

  5. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです