メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

作家

母校早大に「村上ライブラリー」春樹さん、夢膨らむ

所蔵資料の寄贈と文学に関する国際的研究センター構想についての記者会見で、早稲田大学の鎌田薫総長(左)にサインした「騎士団長殺し」英訳版を渡す村上春樹さん=東京都新宿区で2018年11月4日午後4時24分、宮武祐希撮影

 国際交流の場、自身の書斎のようなスペース、レコードコンサート、スカラシップ(奨学制度)--。作家の村上春樹さん(69)は4日、母校の早稲田大(東京都新宿区)で、自身の資料寄贈を機に同大に設置される「村上ライブラリー」(仮称)について、さまざまな夢を語った。

 村上さんは記者会見に、茶色のジャケットに紺色のスニーカー姿で登場。「最初は村上春樹記念館という案もあったんですが、まだ死んでいないので(そうはならない)」と冗談を飛ばし、話を始めた。在学中のエピソードを紹介し、「当時の早大は自由な気風があって、僕の性格に合っていた」と述べたうえで、「村上ライブラリー」を含む文学の研究センターが多彩な機能を持つものとなるように、自ら「積極的に関わっていき…

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文812文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  3. アクセス 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  4. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

  5. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです