ネット無料画像

利用に注意! 自治体が使用、多額請求も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ネット画像利用で著作権使用料を請求された自治体と、支払い状況
ネット画像利用で著作権使用料を請求された自治体と、支払い状況

 「無料(フリー)」のキーワードでインターネット検索したイラストをダウンロードして広報誌などに使用したところ、後から著作権使用料を請求されるケースが全国の自治体などで相次いでいる。無料をうたうサイトから自由にダウンロードできても、使用範囲は個人的なものに限られるといい、専門家は「チラシなどに掲載すると使用料を請求される場合がある。利用の際は必ず確認して」と呼び掛けている。

 静岡県裾野市は今年4月、京都市のイラスト管理会社から無断使用を指摘され、著作権使用料14万5800円を支払った。対象となったのは、市が昨年3月に1万9000部作製したチラシ「機関紙ごみステーション」に掲載した家族のイメージ図。担当職員が「フリー 団体 イラスト」のキーワードでネット検索し、検索結果一覧から1点を選んで使用した。

この記事は有料記事です。

残り704文字(全文1056文字)

あわせて読みたい

注目の特集