メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋田

記者が漁業体験に参加 船上で考えた漁師減少の理由

20センチに満たないマダイを釣り上げた中村聡也記者=秋田・男鹿半島の沖合で、秋田県大仙市の高橋裕紀さん撮影

 マダイやアカエビ、アカムツやハタハタ--秋田県の豊かな海では、四季に旬の海の幸が捕れる。だが漁業従事者は減少の一途にあるという。いったい、なぜなのか。秋田県男鹿市であった漁業就業体験に参加し、船上でベテラン漁師と汗を流し、考えた。【中村聡也】

 午前7時、男鹿市の船川港。空を見上げると、気持ちいい秋晴れに心が躍る。海での漁は初体験だ。

 ゴム長靴を履いて準備万端。この日案内してくれるのは、漁師歴が半世紀を超えるという男鹿市の高桑昌徳さん(71)。長らくサラリーマンとの“兼業”だったといい、「いかにも漁師」というガテン系の雰囲気はない。「さ、いぐか」と優しく声をかけてくれた。

この記事は有料記事です。

残り1209文字(全文1498文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 吉本新喜劇の元座長、船場太郎さん死去 81歳 大阪市議会議長も務め

  4. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  5. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです