メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
秋田

記者が漁業体験に参加 船上で考えた漁師減少の理由

20センチに満たないマダイを釣り上げた中村聡也記者=秋田・男鹿半島の沖合で、秋田県大仙市の高橋裕紀さん撮影

 マダイやアカエビ、アカムツやハタハタ--秋田県の豊かな海では、四季に旬の海の幸が捕れる。だが漁業従事者は減少の一途にあるという。いったい、なぜなのか。秋田県男鹿市であった漁業就業体験に参加し、船上でベテラン漁師と汗を流し、考えた。【中村聡也】

 午前7時、男鹿市の船川港。空を見上げると、気持ちいい秋晴れに心が躍る。海での漁は初体験だ。

 ゴム長靴を履いて準備万端。この日案内してくれるのは、漁師歴が半世紀を超えるという男鹿市の高桑昌徳さ…

この記事は有料記事です。

残り1280文字(全文1498文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  3. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  4. 「衆院選に大きな展望」野党歓迎 大野氏埼玉知事選初当選 統一加速へ

  5. 無党派層からの支持、大野氏は6割 青島氏は3割 埼玉知事選出口調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです