メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋田

記者が漁業体験に参加 船上で考えた漁師減少の理由

20センチに満たないマダイを釣り上げた中村聡也記者=秋田・男鹿半島の沖合で、秋田県大仙市の高橋裕紀さん撮影

 マダイやアカエビ、アカムツやハタハタ--秋田県の豊かな海では、四季に旬の海の幸が捕れる。だが漁業従事者は減少の一途にあるという。いったい、なぜなのか。秋田県男鹿市であった漁業就業体験に参加し、船上でベテラン漁師と汗を流し、考えた。【中村聡也】

 午前7時、男鹿市の船川港。空を見上げると、気持ちいい秋晴れに心が躍る。海での漁は初体験だ。

 ゴム長靴を履いて準備万端。この日案内してくれるのは、漁師歴が半世紀を超えるという男鹿市の高桑昌徳さ…

この記事は有料記事です。

残り1280文字(全文1498文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 「可能性得た」川口祖父母強殺の元少年「こども応援ネット」にメッセージ
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです