メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校ラグビー

静岡聖光が花園切符 静岡県大会

静岡県大会を制した静岡聖光ラグビー部の選手たち=静岡県袋井市のエコパスタジアムで、2018年11月4日午後3時6分、松岡大地撮影

 第98回全国高校ラグビー静岡県大会(県高体連など主催)の決勝が4日、袋井市のエコパスタジアムで行われた。静岡聖光が8トライを決め浜松工に56-7で勝利し、3大会ぶり5回目の優勝を果たした。静岡聖光は12月27日に東大阪市花園ラグビー場で開幕する全国大会に出場する。【松岡大地】

 静岡聖光は前半8分、ゴール前ポスト左ラックからFW市川天翔選手(3年)がトライを決め先制。同14分にはFWの柴田紘輝選手(同)が抜け出しトライを決めるなど、FWを中心とした力強い攻めで試合を優位に進めた。浜松工はバックスを中心とした素早いパス回しで前半18分に1トライを返したが、後半も、静岡聖光の勢いを止められなかった。

この記事は有料記事です。

残り555文字(全文856文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです