メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シュライナーズ・ホスピタル・フォー・チルドレン・オープン

デシャンボーが勝利「自分がやり遂げたことに満足しているよ」(PGA Tour)

情報提供:PGA Tour

シュライナーズ・ホスピタル・フォー・チルドレン・オープン 最終日

PGAツアー第6戦 シュライナーズ・ホスピタル・フォー・チルドレン・オープン/ネバダ州 TPCサマリン

デシャンボーが直近12試合で4勝目

 ブライソン・デシャンボーは最終日、16番パー5で約18メートルのイーグルパットを沈め、5アンダー66(パー71)でホールアウト。2位のパトリック・カントレーに1打差をつけ、通算21アンダーで優勝した。

MORE:シュライナーズ・ホスピタル・フォー・チルドレン・オープンの最新スコアはここをクリック!

 デシャンボーはPGAツアー通算5勝目。3シーズン連続で優勝を果たした。直近の12試合で4勝目と波に乗っている。

 バックナインでは一時、4人の選手が首位タイに並ぶ接戦となった。この大会で約20年ぶりとなる連覇を目指した前年覇者のカントレーは、16番パー5で4.5メートルのバーディパットを決め、1打差で単独首位に浮上した。

 だが、続く17番パー3では、ティーショットをグリーン右手のバンカーに打ち込んだ。第2打もミスした。

 一方、この時点でカントレーを1打差で追うデシャンボーは、16番パー5でグリーンエッジからのイーグルパットを見事に沈め、大きなガッツポーズで喜んだ。

 カントレーは17番パー3で長いパーパットを外し、デシャンボーに逆転を許した。18番パー4でバーディを取り返したが、デシャンボーは最後の2ホールを無難にパーでプレーして1打差で逃げ切った。

 25歳のデシャンボーは5月のメモリアル・トーナメントでプレーオフを制してツアー2勝目を挙げた。フェデックスカップ・プレーオフでは第1戦のノーザントラスト、第2戦のデル・テクノロジーズ選手権で2連勝と快進撃を続けている。

 デシャンボーは今大会出場をウォーミングアップ程度に考えていたというが、また勝利を重ねることになった。

「素晴らしいプレーができた。自分がやり遂げたことに満足しているよ」(デシャンボー)

 2017年のジョンディア・クラシックで初優勝したデシャンボーは、プロ入り後わずか68試合で5勝を挙げている。

パトリック・カントレーはデシャンボーに1打及ばず、通算20アンダー2位 Photo by Mike Ehrmann/Getty Images

 カントレーは距離の短い15番パー4で1オンに成功し、2パットでバーディを奪った時点で連覇を確信していたようだった。

 16番パー5ではティーショットをバンカーに打ち込んだものの、うまく刻んでバーディを追加した。

 17番のティーショットは、ボールがピンの方向に転がっていくかもしれない、微妙な位置に着地した。ところが、ボールは逆にバンカーに転がり落ちた。バンカーからの第2打は比較的簡単に思えた。

「左足をバンカーに踏み込むと、砂は浅かった。でも、実際にボールを打つと、ボールの下の砂は深かったんだ。それは想定外だったね」(カントレー)

 この大会ではジム・フューリックが1998年と1999年に優勝して以来、連覇を果たした選手はいなかった。カントレーはあと一歩まで近づいたが、連覇を達成することはできなかった。

ルーカス・グローバーは上がり4ホールでスコアを落とし、通算15アンダー7位タイだった Photo by Mike Ehrmann/Getty Images

 試合結果に驚いているのはカントレーだけではない。全米オープンで優勝経験のあるルーカス・グローバーは、15番パー4で1.2メートルのバーディパットを決めれば、残り3ホールの時点で首位タイに浮上するところだった。

 だが、グローバーはバーディパットを入れることができず、30インチのパーパットも外した。首位との差は3打に拡大した。

 さらに最終18番パー4ではトリプルボギーを叩き、イーブンパー71でホールアウト。首位と6打差の通算15アンダー7位タイでフィニッシュした。

 デシャンボーとともに首位タイからスタートしたピーター・ユーラインは、11番パー4までバーディを1個も奪うことができなかった。

 17番パー3、18番パー4で連続ボギーを叩き、2バーディ、4ボギー、1ダブルボギーの4オーバー75でホールアウト。首位と9打差の通算12アンダー23位タイまで大きく順位を落とした。

サム・ライダーが9アンダー62をマークし、通算19アンダー3位に入った Photo by Mike Ehrmann/Getty Images

 サム・ライダーは16番パー5の時点で、1打差で首位を追っていた。しかし、このホールの第2打は木のコブに跳ね返って池に落ちた。だが、第4打をグリーンに乗せて、何とかパーセーブをもぎ取った。

 最終18番パー4でも4.5メートルのバーディパットを決め、9バーディ、ノーボギーの9アンダー62でホールアウト。首位と2打差の通算19アンダー3位でフィニッシュした。

 首位と4打差の通算17アンダー4位タイに、リッキー・ファウラー(8アンダー63)、アブラハム・アンサー(5アンダー66)、ロバート・ストレブ(3アンダー68)の3人が並んだ。


情報提供:PGA Tour

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Tポイント詐取容疑で逮捕 キャンペーンを悪用 9300万円相当を不正取得か 埼玉県警

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  4. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  5. 菅原経産相 新たに香典疑惑 「事実ならアウト」自民党内にも進退問う声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです